images

学校でLINE(ライン)を使ったイジメ問題が深刻化しています。
LINEとはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一種で他のFacebookやtwitterやミクシィに比べて使い易いのが特徴です。
高校生のSNS利用率のうち一番高いのはLINEの85.5%、次いでTwitterが66.9%、Facebookが24.3%と続く。LINEの飛び抜けた利用率の高さが分かります。
(総務省情報通信施策研究所より)
一昔前までは掲示板でしたが、今の子供たちはLINEを中心に学校生活を送っているようです。
コミュニケーションをLINEで活用することで「学級連絡」や「部活動連絡」が容易になり、最近では、「PTAの連絡網がLINE」というところも多く、自らも利用している保護者は多いです。
最近の高校生や大学生は、クラスの友だちでもお互いにメールアドレスや電話番号を知らず、LINEのみでつながっている状態です。
進学や進級などで新しいクラスが分かった途端、新しいクラス、同じクラスの男女グループができる。

いわゆるバーチャル(仮想空間)です。
バーチャルでは会話中の相手の顔が見えず、リアルの誹謗・抽象に比べたちが悪いです。
精神的に不安定な思春期にそれがあると影響力は強く、登校拒否になる生徒の気持ちもわかる気がします。

どんなモノだろう?と、私も最近LINEをはじめました。
印象としては以下のとおりです。
【良い点】
・チャットがサクサクできる
・ログイン不要
・電池消費量が少ない
・最大100人のグループチャットが可能
【悪い点】
・無料通話が受けにくい(携帯ロックのため)
・通話の音質が悪い
・電話番号から個人情報が流出しやすい
・既読通知があるため相手への気疲れが生まれる
使っている年齢層も幅広いですね。男女比率もほぼ均等です。
私は男性は仕事やゲームや出会い系、女性はコミニュケーションやゲームの利用が殆どではないかと推測します。

昔のSNSはミクシィが人気でしたが、今やFacebookなどに利用客が流れていきました。
その後LINEの登場によりFacebookやtwitterの利用者を抜き現在国内ユーザー数が5200万人(2014年7月)に伸びてきました。
私はLINE特有のつながり(サークル?)が異常普及の原因だと思います。
それは電話番号です。
FacebookやtwitteはIDを無限に作れるので架空の人物になりすますことができます。
LINEは電話番号という唯一無二のIDなので、つきつめると架空の人物になれません。
架空の人物になれない、つまり「実物」があるため信頼関係が成り立ちやすく、今までのSNSに比べて口コミの影響力は強いのです。

LINEは使い方によっては正義にもなるし悪にもなる。
LINEは使い方によっては信頼にもなるし警戒にもなる。

私は楽しく生きるがモットーなのでLINEで信頼関係を築きたいですね。
お店の求人用にこんなものを作ってみました。
友達希望でも全然OKです。
ご登録いただければ幸いです。