sshashin

 お店のプロフィール写真はできるだけこまめに撮るようにしています。

当店はプロにお願いすることもありますが、できるだけスタッフが撮るように心がけています。

働いてもらう女の子によっては見知らぬカメラマンよりも、気心の知れたスタッフに撮って貰う方が良い表情がでるのです。

一般の方が自分のプロフィール写真をプロに撮ってもらうことはほぼ無いかと思います。

素人の方に突然グラビアモデルのようにやってくださいと指示をしても、どこかぎこちない表情になってしまう。

いくらプロが撮った良い写真でもコンパニオンが納得していなければ仕事のモチベーションも下がってしまうのです。

お店によっては事務所と待機場所が離れているところがあります。

「私のことをお客さんにどう案内しているのだろう?」

「お茶(仕事が無いこと)が続いているけど、見捨てられたのかな?」

スタッフと女の子のコミュニケーションが少なくなると、ちょっとした事で疑心暗鬼になり気持ちが沈みがちになります。

これはデリヘルだけでなくソープ、キャバクラ、箱ヘルなども同じ事です。

いくらお金が稼げていても将来の目標がなければお金を使い込み、元の生活に戻るだけです。

風俗を抜ききれない人はそのラットレースを永遠にやっていのです。

風俗を抜け出すには一人の力では難しいです。

中にはカリスマ的な接客で貯金し独立する方もいますが、それはほんの一握りです。

もしあなたが夢や目標があるなら、まずは稼がなければなりません。

一人の力では限界があるので良い環境を見つけましょう。

女の子を大切に扱う、自分の意見を聞いてくれる風通しの良い店は貴方を成長させます。

金銭的にも、精神的にも安定することで次のステージに上がれる環境がそこにあるのです。

失敗することを恐れる人がいますが、失敗した未来の自分にどれだけの価値があるというのでしょう。

発明家トーマス・エジソンは失敗したことは一度もないと言っています。

実際には数多くの失敗をしていますが、本人はそれを成功の過程と捕らえています。

「失敗のおかげで成功に近づいた、ラッキー!」と。

つまり、超ポジティブなのです。

ビジネスの世界では9回失敗して1回成功するという格言があります。

言い換えれば10回やれば必ず成功するのです。

あとはP(計画)、D(実行)、C(評価)、A(改善)です。

これでお金だけでなく強靭な精神(心)が得られます。

例えお金がゼロになっても、もうそこには過去の情けない自分はいないのです。

今日の知識が少しでも役に立ったと感じた場合
クリックの応援をいただければ幸いです。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村