a1

今年で3歳になる我が家の愛犬・らっしー(雄)です。

コーギー専門のブリーダーから買い取りました。

実家に来た時は赤ちゃんで可愛らしかったのですが今やどっしりした体格にやんちゃな性格で、毎日家中をかけまわっています。

家の柱は噛むは、畳はボロボロ。毎朝、祖父母の食パンを奪い取るのが日課になっています。

私はどんなに仕事が遅くなろうと、毎朝、散歩に連れていくのですがそれには理由があります。

小学校の頃に雑種犬を飼っていました。

外の犬小屋で飼っていて、近寄ると尻尾を振って嬉しそうに駆け寄ってくるのです。

今思えば「遊ぼうよ」と言っていたように感じます。

当時の私は散歩よりも友達と遊ぶことが楽しくて、あまりかまってあげれませんでした。

食事も気づいたときしかあげず、冬場は寒そうにしていました。

結局、その子はフィラリアにかかり死んでしまいました。

フィラリアは別名を犬糸状虫という虫です。

フィラリア成虫はそうめんそっくりの姿をしていてメスで長さ30センチにもなり、対象動物の心臓や肺動脈に寄生します。

運動をしたあとでもないのにハーハーと息が荒い、ゼーゼー言う、息が浅く速い、ときどき咳をするなどが症状の出始めです。

元気がない、散歩を嫌がる、散歩の途中で座り込む、ふらふらする、突然倒れるなども見られるようになります。

やがて、食欲不振、嘔吐、重度の貧血、寝てばかりいる、お腹に水がたまる、血尿を出すなど重篤になります。

そして、心臓、肺、肝臓、腎臓などが機能不全に陥り、苦しんだ末に犬は死亡します。

数ヶ月前まで元気だった子のつらい姿を見て当時の私はとても悲しかったです。

それと同時に自分自身に腹が立ち後悔しました。

「早く予防していれば助かったにのに」

「もっと、遊んであげればよかった。ごめんね」

今はどんなに仕事が忙しくて睡眠不足でも散歩に行くようにしています。

その行為が小学校に飼っていた子の罪滅ぼしでもあります。

今飼っている「らっしー」も限り在る命ですのでいつか終わりが来ます。

その時に「ありがとう」と想って天寿をまっとうしてもらえれば幸せです。

毎日愛情を注いでいきたいですね。

続きの写真はFacebookにもアップしています。