こんにちは、赤木友厚です。

今回は写メ日記用の写真についてお話していきます。

突然ですが、たまにこんな質問を受けます。

赤木さん、写真って何を撮ればいいかわかんない!どうすればいいですか?

私も分かりません(笑)

 

色を好む男性を虜にする写真は様々で、

十人十色、星の数だけ存在します。

写メ日記を投稿し続けていると、必ず壁にぶちあたるのが写真の質です。

一人で撮っていると不安になるのです。

こんな悩みを持ったことはないですか?

自分のボディラインに自信がない、顔出しの娘には負ける、写真のネタ不足、エロ画像を撮るのに抵抗がある、などです。

どれもモチベーションが上がるものではありませんね。

あなたが世界3大美女と並ぶ者で、美貌を知らしめたいのであれば別ですが。

 

 

風俗を利用する男性が一番興奮する写真とは何でしょうか?

一番見たい写真、それは女性の綺麗な裸体です。

いくら紳士的でカッコいい男性でも一皮向けばエロ男爵です。

風俗で働くあなたならおわかりではないでしょうか?

かといって、エロ画像(すっぽんぽん)の写真だけを投稿すれば良いと言う訳ではありません。

下品に見えるとお客様がひいてしまう場合もあるからです。

お客様はエロ過ぎるとその写真だけで満足してしまい、予約をしようと思いません。

男性視点で考えて写真を撮らないと予約に繋がらないのです。

男って面倒くさいですよね。

 

今はお亡くなりになりましたが、女性の肖像を撮るので有名な写真家・サンダー平山さんが言っていました。

 

女性のヌード写真で重要なのは、見せる事よりも感じさせる事だ。

本当に見事なカラダをしたお姉さんというのは滅多にいない、

愛し合う存在だからこそ美しいと思えるし、愛おしいと思える。

 

私もその通りだと思います。

愛おしいから相手を抱きたいと思うし、いやらしさやエロスが生まれる。

言葉や理屈では説明できないものが写真にこもっていれば、お客様は感動するわけです。

感動は人を行動に移します。

でも、お客様は会う前からあなたを愛することは不可能です。

あなたがどんなに魅力的な女性であったとしても、

お客様にエロく、いとおしいと感じさせる写真を見せなければ、

あなたの良さが伝わらないのです。

 

そこで、コスプレです。

子供たちの間ではアニメの主人公のマネをしてゴッコをしていますが、

大人コスプレは違います。

性行為的なものに限ってはお客様が好みの格好をさせて遊んでもらうことイメージさせるのです。

最終的にはハダカにするわけですが、その課程の衣装というのはオトコにとってとても重要です。

プロの写真家が良い写真をとる条件は

良い表情の顔、露出の適正、ピントが合っているです。・・でも、

風俗の写メは基本的に顔は写りませんし、自分で撮影するのに露出とピント調整は難しいです。

コスプレであれば裸体に自身がない人でも工夫によってはお客様に愛情を引き出すことも可能です。

ジーンズ、エプロン、パンスト、ガーター網タイツ、浴衣、パジャマなど身近にあるものからでも始められます。

お客様の多様な性欲を想像してみてください。

性欲に対応したシチュエーションで着替えるのも良いでしょう。

時間がかかっても良いので質の高い写真を撮りましょう。

よく手当たりしだい写真を撮って大量に投稿している方がいますが、

身にならないので止めたほうがいいです。

ランキングアップで短期に稼ぐならその方法でもありですが、

お客様もすぐに見透かして愛想をついてしまいます。

お客様は女の子が投稿する写メ日記を通して女の子の心を無意識に見ているのです。

 

写メ日記の写真は美しさを超えたエロさが求められます。

容姿やポージングも大切ですが一番はユニークであること。

ユニークとは面白いということではなく、唯一性という意味です。

お母さん好きな人に向けて、フライパンと裸エプロン。

脚フェチ好きな人に向けて、ミニスカ網タイツ。

アスリート好きな人に向けて、タンクトップとショーパンとランニングシューズ。

M女好きな人に向けて、手錠とガーターストッキング。

誰に向けてメッセージを発信するのかを決めましょう。

1つの写真に対して1人にターゲットを絞りましょう。

絞らなければ相手の心に響きません。

 

次回はタイトルについてお話させていただきます。

写真などのイメージ記憶では補えない言語認識の部分でとても重要です。

お楽しみください。

今日の知識が少しでも役に立ったと感じた場合 クリックの応援をいただければ幸いです。
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村