こんにちは、Fエヴァンジェリストの赤木です。

前回は納税についてお話しました。

その際、マイナンバー制度についても質問が多かったので合わせてご説明します。

マイナンバーは平成28年1月から始まってます。

まったく新しい制度なのでいまいちピンとこない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

マイナンバー制度のメリットは会保障や税金の申請や手続き・管理が簡単になるものです。

 

 

風俗で働く貴方がマイナンバーで気になっていることは、下記の2点かと思われます。

1、税務署から過去の税金を請求されるのでは?

2、マイナンバーを通して副業としての風俗が本業にバレるのでは?

 

風俗で働く人にとって身バレ、高額請求はとても困りますね。

結論から言うとマイナンバーは外注ではなく雇用で働いているキャストに影響があります。

雇用で働いている、つまりお給料をもらっている方がマイナンバーのターゲットとなります。

雇用体系をざっくり分けるとキャバクラ系は雇用、性風俗系は外注です。

雇用体系のお店は税務署に支払調書という用紙を提出しなければなりません。

この支払調書にマイナンバーを記載しないといけないのです。

しかし、支払調書にもキャストさんの氏名、住所、報酬金額、源泉徴収税額等を記載します。

つまり年間報酬が50万円を超えるのであれば、マイナンバーを導入する以前から支払調書を記入している。

マイナンバー導入と風俗業で働いている副業がバレるという事は直接関係ないのです。

ちなみにデリヘルは所得税法204条に該当しないので関係ありません。

そもそもデリヘル店がマイナンバーの提出を求めてこないですね。

面接時、身分証明書の一つとして要求する事はあると思いますが。

 

 

但し外注で働いていると言っても、確定申告で納税の義務はあります。

もし貴方が副業として働いている風俗を本業にばれたくないのであれば、確定申告も工夫が必要です。

申告用紙に「自分で納付する」の欄にチェックを入れれば、本職に通知はいきません。

風俗での在籍中は卒業後のことまで心配してくれるスタッフは少ないかと思われますので、

税金に関しては個人の認識、管理が必要です。