こんにちは、赤木友厚です。

夜のお仕事を始めたきっかけって覚えてますか?

副業として、借金返済、急な支払い、興味本位などなど。

そう、理由はいろいろあると思います。

私は何故この場で話しているのか?

そもそも私はこの場に一番ふさわしくない人間なのかもしれません。

赤木友厚って何者なの?

今回は改めて私の自己紹介をしてみたいと思います。

 

 

デリヘルを始めたきっかけは無職で何もすることがなかった事から始まります。

さらに時をさかのぼり、私は19歳で旅行代理店に入社しました。

特に優秀というわけでもなかったですね。

大人しくて自分の意見をまともに言えないYESマンでした。

自己分析、3年後ビジョンを上司から問われれば、悩んだ挙句適当に返答していました。

当時1年後のビジョンもわかりませんでした。

当然、出世もなく給料も変わらず、ただ平凡で刺激のない日々が続きました。

このまま一生ビジネスマンとして終わるのかな?と考えはじめ、

一念発起で10年間お世話になった会社を退社しました。

副業でアフィリエイトをしていたので、サラリーマン時代に蓄えた200万円を元手にサービス起業することにしました。

3ヵ月後、月100万円の売り上げました。

広告を増やし、アルバイトも雇い順調に規模を大きくしていいきました。

ところが2年後、事業縮小し300万円の負債をかかえることに。

これからはインターネットが主流になると思い、

本や情報商材を買いあさり、セミナーに手あたり次第出席し、WEBマーケティング、HP制作を学びました。

ネットビジネスで1年後にはなんとか借金を返済し、融資してくれる友人がいたのでデリヘルを立ち上げることになりました。

ただし、友人同士で立ち上げたものの当時はあまり儲ける気はありませんでした。

デリヘルは2000年初頭の風俗バブルに比べ法改正によって崩れかけていたことを知っていたからです。

現在やっていたネットビジネスとの相性もあったので、

2012年に「五十路熟女マドンナ」を立ち上げわずか3か月で軌道に乗り経営も順調でした。

300万円の負債も返済することもできました。

2015年に経営理念の違いにより、友人と別れて1人で経営することに。

さらに家族が亡くなり、実家の200万円の借金を抱えるも、キャストさんや恋人から励まされ1年で無借金へ。

いろんな方の支えもありお陰様で8年目を迎えることができました。

 

最近ブログやYoutubeを始めました。

よくスタッフがコンパニオンさんに写メ日記の指導をするが、そもそも写メ日記をやった事がない人が指導できるのだろうか?

自ら率先して成果を出さないと指導者として説得力ないですよね。

趣味はカメラです。

昔からカメラはあまり興味がなく仕事で写真を撮っていましたが、

2018年の1月に祖父が亡くなり、唯一残ったものが写真と動画でした。

実家に残ったアルバムを手に取り、もっと映像として残しておけばよかったと思いました。

写真に残る祖父の喜怒哀楽の表情、その写真一枚一枚にストーリーがあり思い出をいつでもフィードバックしてくれます。

大切な人との繋がりを永遠に残してくれる。

これを今関わりのある仕事仲間と共有できたら。

今は写真を撮るのが楽しいです。

写真や動画を通じて思いを共有したい。

このチャンネルを開設した趣旨でもあります。

今って風俗関係者の情報チャンネルって少ないですよね。

皆さんのお役に立てる情報を提供していきたいと思いますのでよろしくお願いします。