こんにちは、赤木友厚です。
テクノロジーの進化によりカメラの性能が上がり、高画質の写真を誰でも気軽に手に入れることができるようになりました。

携帯電話のカメラも高画質でほとんどプロ仕様と変わらないですね。

高画質っていいなぁ!

だだし、デメリットもあります。

高画質になり過ぎて見えなくて良いものまで再現されます。

毛穴、シミ、傷、肌荒れ。

化粧である程度抑えることはできますが、シワ、あごのライン、クマなどは化粧では隠すことが難しいですね。

ガラケー時代の出会い系に登録してある女の子の写真はとても可愛かった印象があります。

ツルツル肌に加工された画像、いわゆる「CG肌」、「アンドロイド肌」です。

当時のガラケーの写真は画質が悪かったので、この手の処理を加えないと何とも気持ち悪かったのではないか・・・とういのが私の感想です。

昨今、デジタルカメラ又はスマホの画素数がアップし、レンズの性能も上がり、ある程度のディテールが見えます。

ナチュラルで綺麗というのが今後のトレンドになっていくのではないでしょうか?
「BeautyPlus」という無料携帯アプリがあります。

自撮りアプリの中には、撮った写真を盛りすぎてしまって、もはや別人レベルになってしまうものも多いもの。

そんな中、BeautyPlusはきれい加工なのにナチュラルに仕上げてくれるのが本当にうれしいと、女の子たちの心をわしづかみにしています。

30代男性である私も使ってみましたが、顔、明るさ色味調整、フィルターの3つの修正機能だけなのでシンプルで良いです。

顔出しNGが基本となる風俗業界ですが、写メ日記としても便利に使用できます。

写メ日記で一番人の目を引く画像は「顔出し」です。

当然、顔にはボカシをかけるのが基本です。でも、・・・

ナチュラルにボカシ加工しするだけでも反響は違ってきます。
加工しすぎて「CG肌」、「アンドロイド肌」になってしまうと、お客様は加工に気づきます。

自分のイメージと違うと損してしまいますから、お客様の写真加工を見抜くスキルは年々上がってきているのです。

ではどうしたらよりナチュラルな写真となるのでしょうか?

過度な修正をしないことはもちろん、画質を下げなこと。

修正した写真をさらに修正を加えると画質は下がります。

写真に文字を入れることも画質低下の原因なのでおすすめしません。

文字は出来るだけ本文に入力しましょう。

今のカメラは高解像度で鮮明に映るのがあたりまえ。

画質が悪いのに美人がそこに映っているのは、なんだか違和感があるように思えます。

ガラケー時代ならありえましたけど。
風俗は接客業です。

お客様は女の子にバーチャルとは違って生々しさ、リアリティを求めて呼んでくれます。

その判断材料となる写真に質感がなければ想像力が膨らみません。

手ごろなお値段のアンドロイド(バーチャル)でいいや!となってしまうのです。

ナチュラル加工を極めて写メ日記に投稿していくことが今後の必須スキルになるのではないでしょうか?