こんちは赤木友厚です。

写メ日記で綺麗な写真を撮るにあたって色調整というのがあります。

色調整って何故する必要があるのでしょうか?

正直めんどくさいと思われる方も多いと思いますし、私も過去そうでした。

色がどれだけ重要か。

ファストフードのロゴには赤と黄色が多いのはお気づきでしょうか?

豪シドニー出身で、20年以上色の研究を続けているというカラーコンサルタントのカレン・ハラー氏がいます。

彼女は、色が与える心理的作用について自身のウェブサイトで自論を展開していて、ファストフード店で使われることが多い赤と黄色についても言及。

彼女の説明によると赤は刺激や食欲、空腹感を引き起こし、黄色は幸福と親愛感を生み出す色なのだとか。

そして、赤&黄色という組み合わせは、速さやスピード感を感じさせるのだといいいます。

マクドナルドとKFC、バーガーキング、ドミノピザのロゴ(看板)はイメージ通りですね。

では、私たち風俗のサービスに適した色とは何でしょうか?

コンパニオンのブランディングという視点で見てみましょう。
黒は、『魔女』や『小悪魔』。

赤は、『情熱』や『愛』。

紫は、『妖艶』や『刺激的』。

茶は、『成熟』や『グラマー』。
組み合わせによって色んなイメージを創作できそうですね。

表現方法としては、洋服やメイク、髪、アクセサリー、背景、家具の色でもOKです。

そんなことはやってるよ!と既に意識して写真を撮られている方もいらっしゃると思います。

さらに色の効果を最大限に引き出す方法があります。

3つの色調整です。

明るさ、鮮やかさ、色味です。

携帯のほとんどの写真アプリで実装されています。
明るさは露光量、コントラスト。鮮やかさは彩度。色味は色温度。
各設定はスライダーを左右に動かすことで調整できます。

色調整は正解はありません。

自分が良いと思ったものが正解です。
彩度とは?色温度とは?そんな言葉の意味を知るまでもありません。

貴女が撮った写真をアプリで調整するだけです。

実践に勝る経験はありませんので迷わず調整してください。
スライダーを左右両極端に合せてみる。自分のイメージ合う箇所で止める。さらにふり幅を狭めながら左右に振る。

基本この3点方式です。

残りは階調感を高めてみましょう。

プラスアルファの補正です。

私の場合は以下の順番でやってます。

1、白の強さ=白レベル
2、明るい領域=ハイライト
3、暗い領域=シャドウ
4、黒の強さ=黒レベル

これで8割完成。

完成したら1、2日置いてニュートラルな目で見ることも必要です。

時間がないときは、仕上がりは派手目に仕上がっていると仮定して、彩度、自然な彩度を20%下げる。

もう一度最初から色調整をやれば完成です。

この手順は私のやり方で最短、簡単な方法だと思っています。

もしかしたらより効率的な方法もあるかもしれません。

ちなみにプロは数か月かける人もいるそうですが。

ワークフローを決めないと時間がかかるので、必ず同じ手順でやるのがコツです。

同じカメラで撮った写真でも色を調整するだけで、貴女のイメージは激変します。

ぜひ試してみてください。